五十肩

五十肩って?

最近、肩に痛みのある方や肩が動かしにくい症状のある方に、「五十肩ですか?」と聞かれることがあります。

「五十肩」って聞いたことがありますか?

実は皆様が五十肩だと思っているものは五十肩ではないことが多いって知ってましたか?

 

kansetsutsuu_kata

五十肩は難しく言うと、肩の痛みと肩の運動制限をきたす疾患。正式には肩関節周囲炎という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のことです。

従来は石灰沈着性腱板炎や腱板損傷なども含めて・・・と説明が長くなってしまいますので簡単にまとめますね。

 

五十肩とは、その名のごとく50代に起こることが多く、肩関節の痛みと肩関節の動きに制限がかかる症状です。

50代でなる人が多いだけで、3,40代でも発症する可能性がある症状なんですよ!

五十肩の症状として、腕を挙げられなかったり捻ったりが思うようにできなくなるのと、腕を動かしたときに痛みが出るので動かせなくなってしまいます。

それにより髪を結う、洋服を着るといった日常生活で腕を動かすことが不可能になります。

では、五十肩かどうかの鑑別は、五十肩の見分け方として五十肩の場合は自分で腕を上げても補助されながらでも腕を上げることが出来ません。

五十肩でないものは自分では腕を挙げられないが、補助されながらだと腕が挙げられます。

この場合、肩そのものではなく、首からの問題が考えられます。

 

pose_nobi_woman

このような症状が出たときにはまずは安静にし、痛みのある部分に炎症が起きているのでアイシングをしましょう。

痛みが引いてきたら肩の動きをつけていくのが大切です。

 

たから整骨院ではそういった症状の方も多く来院されています。

ご自身だけでなく、周りでもこのような症状で悩まれている方がいらっしゃいましたら、是非たから整骨院にご相談ください。